群馬大学大学院病態腫瘍薬理学・がん治療臨床開発学

キーワードを入力してください

>サイトマップ

>日本語

がん治療臨床開発学講座について

概要

 がん治療臨床開発学講座は群馬大学におけるがん治療、がん専門教育を推進する取組みの一環として新設された寄附講座です。医学系研究科内の講座でありながら臨床開発学という設立理念から、附属病院に新設された先端医療科およびトランスレーショナルリサーチセンターを大学内での活動の場として診療科の枠を超えた診療を行っています。

目的

 いち早く患者さんに有効な治療をお届けすることを講座の目的として、開発研究から臨床試験さらに実臨床まで幅広く患者さんの役に立つ医療の開発を行います。

理念

 がん治療臨床開発学の基本理念はAcademic Ventureです。

開発対象

 具体的に開発する対象は次の3つに大別できます。

1)がんの治療法の開発

2)がん治療を円滑に行うための治療システムの開発

3)がん治療を担う医療人の開発(育成)

Copyright (C) 2013 - 2017 Department of MPO & OCD, Gunma University. All Rights Reserved.

▲ページの先頭に戻る