群馬大学大学院病態腫瘍薬理学・がん治療臨床開発学

キーワードを入力してください

>サイトマップ

>日本語

HOME > 病態腫瘍薬理学 > 教官紹介

教官紹介

教授

西山 正彦(医学博士)

1981年 広島大学医学部卒業、広島大学原爆放射能医学研究所・外科入局、広島大学原爆放射能医学研究所(助手)を経て、1988年 フランス癌免疫学研究所分子薬理学研究部門(マテー教授)。帰国後、広島大学医学部(併任講師)、広島大学医学原爆放射能医学研究所・腫瘍外科(講師)を経て、1996年 広島大学医学原爆放射能医学研究所・分子情報(教授)、広島大学医学原爆放射線医科学研究所・遺伝子診断・治療開発(教授)。2007年 埼玉医科大学国際医療センター・トランスレーショナルリサーチセンター(教授)、2010年 埼玉医科大学先端医療開発センター(センター長)等を歴任し、2012年9月より現職。2015年より学長特別補佐。この間一貫してがん薬物療法トランスレーショナルリサーチ、基礎・臨床腫瘍学の教育・研究に従事、現在も、がん医療のイノベーションを目指し、広領域、横断的な基礎・臨床開発研究を展開している。

 

Federation of Asian Clinical Oncology : CEO

日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会、がん分子標的学会、日本消化器癌発生学会:評議員

日本癌病態治療研究会、制癌剤適応研究会:世話人

日本がん治療認定医機構:理事長、国/医学会/専認機構等関連委員会委員長

日本専門医機構:社員

文部科学省がんプロフェッショナル養成推進委員会副委員長等

講師

中村 彰男 [博士(医学)]

1990年 高知大学理学部地質学教室卒業、1996年 群馬大学医学部薬理学教室・助手、2003年 群馬大学大学院医学系研究科・助手、2005年 米国マーシャル大学医学部・生理学教室 客員助教授、2005年群馬大学大学院医学系研究科・講師〜現在に至る。平滑筋収縮機構の解明、血管平滑筋の形質転換のメカニズムの解明、妊娠糖尿病より生まれた子供の心血管系疾患のメカニズムの解明などの研究を行っている。

六代 範 [博士(薬学)]

1998年 東京大学薬学部卒業。2003年 東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了。鶴尾 隆研究室にて癌化学療法の耐性・作用機序についての研究を行う。 その後、国立がん研究センター研究所・分子腫瘍部研究員として白血病融合遺伝子による癌抑制遺伝子p53の特異的転写活性化の解析を行う。2009-2013年、米国コロンビア大学 (Columbia University in the City of New York)、 Carol Prives Lab, Associate Research Scientistとして、p53の修飾による特異的標的の転写活性化と細胞周期・細胞老化機構、p63の安定機構と細胞周期・重層上皮形成への影響に関わる研究を行う。2013年5月より現職。専門はがん分子標的薬の耐性・作用機構における分子生物学。

横堀 武彦 [博士(医学)]

2002年 聖マリアンナ医科大学卒業、同年 群馬大学病態総合外科入局(旧第一外科)。2007年 九州大学別府生体防御医学研究所 腫瘍外科にて循環癌細胞マーカー研究、新規がん治療標的探索研究を開始。2010年 群馬大学大学院医学系研究科博士課程修了、同年4月 群馬大学病態腫瘍外科 助教となり呼吸器、消化器固形がんを対象に研究を継続。2015年4月より現職。専門は消化器癌における循環癌細胞研究、新規癌マーカー探索研究。

助教

吉山 伸司 [博士(医学)]

1998年 滋賀大学教育学部卒業。2000年 滋賀大学大学院教育学研究科(教科教育)修了。変形菌の運動についての研究を行う。2004年 群馬大学大学院医学系研究科(薬理学)修了後、群馬大学薬理学講座・教務補佐員を経て群馬大学大学院医学系研究科病態薬理学講座・助教。2008年 アメリカ合衆国マーシャル大学生物部・客員助教。群馬大学着任後、血管平滑筋細胞とニコチンとの関連を研究し、ニコチンが細胞輸送能を促進することを明らかにした。2012年より現職。現在は、ヒトiPS細胞由来末梢神経細胞を用いた末梢神経障害のアッセイ系を確立し、抗がん剤による末梢神経障害を引き起こす規定因子の特定を行っている。

川端 麗香 [博士(工学)]

2004年 東京理科大学基礎工学部生物工学科卒業。2010年 東京理科大学大学院基礎工学研究科より博士(工学)の学位を授与。2010年より国立がん研究センター研究所多段階発がん研究分野/ゲノム生物学研究分野においてポスドク研究員・リサーチレジデントとして、肺がんの発生・進展メカニズムについての研究に従事。2014年10月より現職。次世代シークエンサーを用いた網羅的ゲノム・遺伝子解析研究による、難治性固形がんの治療応答予測因子および新規治療標的分子の策定を行っている。

研究室メンバー

大学院生

大高 行博(博士)

Navchaa Gombodorj(博士)

坪井 美樹(博士)

伊藤 優志(MD・PhD course)

市原 愛美(MD・PhD course)

堀込 瑛介(MD・PhD course)

研究員・技術補佐員

藤枝 みちる

堀越 郁子

梅沢 さおり

須藤 由紀子

事務補佐員

福田 彩織

Copyright (C) 2013 - 2017 Department of MPO & OCD, Gunma University. All Rights Reserved.

▲ページの先頭に戻る