群馬大学大学院病態腫瘍薬理学・がん治療臨床開発学

キーワードを入力してください

>サイトマップ

>日本語

HOME > 病態腫瘍薬理学 > 西山正彦教授 ご挨拶

ご挨拶 病態腫瘍薬理学講座教授 西山正彦

 病態腫瘍薬理学分野は、平成24年4月1日に旧薬理学講座、病態薬理学分野を引き継ぐ形で改組・新設された群馬大学医学系研究科で「最も古く、最も新しい」教室です。大講座・病態腫瘍制御学講座に属し、その名のとおり、がん薬物療法学に関する教育・研究を推進し、がん薬物療法を行うがん専門医療人・指導者の養成を目指しています。

 いまや本邦の二人に一人ががんに罹り、三人に一人ががんで亡くなる時代です。悪性腫瘍の征圧は世界の悲願でもあり、それと闘う人々に常に最良の治療を提供することは医療者、医学研究者の重要な使命となっています。こうしたなか、がん薬物療法は劇的に進化しています。分子標的薬の登場はがん薬物療法のパラダイムシフトを引き起こし、今もなお開発研究は急速に進歩し、さらに画期的ながん医療創生の可能性を高めています。一方で、こうした変化は、がん医療を取り巻く環境にも大きな変動をもたらしました。がん医療に必要とされる知識・技術の質は驚くほどに高度専門化し、かつ膨大な量となり、各領域のエキスパートの協力によるチーム医療が必須となりました。いまや、ゲノム・遺伝子レベルでの基礎医学・研究を理解しうる臨床医、あるいは臨床、臨床開発研究を深く理解する基礎研究者でなくては、がん医療の第一線にとどまることが難しくなり、大学に期待される教育・研究の内容も大きく変化しました。領域横断的な教育・研究体制の確立が強く求められるようになり、これを受けて、医学系初の専門職大学院モデルとして、がんプロフェッショナル養成プランが開始されました。この全国的にもきわめてユニークな“がん医療イノベーション”を目指すバイオ医学・薬理学の専門的研究・教育分野は、こうした流れ、時代の要望の中で誕生しました。

 病態腫瘍薬理学は、基礎腫瘍学、がんゲノム創薬、ゲノム薬理学、個別化療法(Personalized Medicine)、がん薬物療法臨床開発、臨床腫瘍・薬理学、など広範な教育・研究領域からなります。“一刻も早く、新たながん薬物療法を患者さんのもとへ”、その実現を目指し、医療シーズ発見から初期開発研究までを一貫させて繋ぐトランスレーショナルリサーチ(TR)、その全領域を対象とする教育・研究を展開していきます。一人でも多くの人材が、この領域の研究に参画し、これを発展させ、がん克服に貢献してもらえることを強く望んでいます。

Copyright (C) 2013 - 2017 Department of MPO & OCD, Gunma University. All Rights Reserved.

▲ページの先頭に戻る