群馬大学大学院病態腫瘍薬理学・がん治療臨床開発学

キーワードを入力してください

>サイトマップ

>日本語

HOME > 病態腫瘍薬理学

臓器病態制御系病態腫瘍制御学 病態腫瘍薬理学
Molecular Pharmacology and Oncology

 悪性腫瘍の制圧は世界共通の悲願であり,現代医学の最大の課題のひとつです。本研究分野は、国を挙げて進められているがん対策の一環である文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」の後押しを受け、がん医療イノベーションを大目的とするユニークなバイオ医学研究分野として旧病態薬理学分野を発展させて新設されました。私たちは、がんの本態・病態の研究(基礎腫瘍学)を通じた医療シーズの同定から、薬物の作用機序・生体応答の解明(腫瘍薬理学)、それらの研究成果の創薬・臨床展開翻訳研究(トランスレーショナル・リサーチ、TR)まで、幅広い相の研究を展開しています。また、これらを通じて、がん薬物療法の創生・開発研究を国際レベルで先導する高度専門的人材の養成を目指してします。

Copyright (C) 2013 - 2017 Department of MPO & OCD, Gunma University. All Rights Reserved.

▲ページの先頭に戻る